【M2Eアプリ】歩いて稼げる「StepApp」とは?始め方から今話題になってる理由についてもご紹介

歩いたり走ったりすることで仮想通貨を稼げるMove To Earnアプリ「StepApp」についてご紹介します

2022年5月6日からStepApp公式サイトにて、ガバナンストークンのFITFIのステーキングも始まっており、リリースも間近のため大きな注目が集まっています

そこでこの記事では、下記についての情報をわかりやすくまとめていますので、チェックしてみてください

この記事でわかること

  • StepAppとは?
  • StepAppのココがスゴイ
  • StepAppの始め方
  • StepAppの将来性
WARO
いま一番期待しているM2Eアプリ!

 

 

STEPAPP(ステップアップ)とは?

ゲーム名 STEPAPP
ゲーム内通貨 KCAL
ガバナンストークン FITFI
チェーン Avalanch
対応機種 iPhone・Android(予定)
SNS Twitter
Telegram
Discode
公式サイト STEPAPP

メタバースプロジェクトとMove to Earnプロジェクトを掛け合わせた「STEPAPP

歩いたり走ったりすることで仮想通貨ゲーム内トークンの「KCAL」を稼ぐことができるM2Eアプリです

現在まだアプリはリリースされてなく、メインネットが8月15日に稼働する予定となっています

STEPAPP運営の開発陣はゲーム会社ということもあり、開発力や資金が潤沢していて、世界的アスリートを公式アンバサダーに迎えて話題にもなっています

ただのM2Eアプリという概念ではなく、独自チェーンのDEXやメタバースも展開しているのが他とは一線を画しているのが最大の特徴です

 

StepAppの特徴

歩いて稼げる「Move To Earn」プロジェクト

M2E先駆けのSTEPNと同じく、歩いたり走ったりと移動することでゲーム内トークンのKCALを稼ぐことができる「Move To Earn」のプロジェクトです

StepAppに限らずにMove To Earnは「歩く」という日常の行動で行えるNFTゲームなので、今まで仮想通貨に触ってこなかったユーザーも手をかけやすいサービスとなります

 

2種類のトークンが存在する

  • FITFI:プロジェクトに関わることができるガバナンストークン
  • KCAL:歩くことで獲得できるゲーム内トークン

FITFIは運営に関われる仮想通貨のガバナンストークンで、歩くことで実際に稼げるのがゲーム内トークンのKCALです

すでにFITFIは取引所に上場済みで、KCALはまだ上場していません(8月中に上場予定)

 

プレイヤー同士の対戦やトーナメントが実装予定

StepAppのホワイトペーパーによると、プレイヤー同士の対戦やトーナメント形式のゲームモードが実装される予定となっています

PvPなどのゲームモードは現在のMove to Earn系の他のプロジェクトにはない機能性なので、実装されたら盛り上がり大きな成長を遂げていく可能性も考えられます

①PVP
プレイヤーは友人と競走したり、他のプレイヤーとマッチングすることができます。これらの対戦ランはステイクドガバナンストークンを使って行うことができます。勝利したプールには2.5%の手数料が適用されます。

②トーナメント
プレイヤーは、グローバルおよび地域のリーダーボードで歩数を競うことができます。トーナメントで優勝すると、ユニークなスキンがアンロックされ、専用のリーダーボードが表示されます。トーナメントへの参加にはチケットが必要で、購入すると賞金プールに入り、発生したチケット料金の5%がゲームに支払われます。

出典:https://step.app/litepaper

 

ステーキングで特典ゲット

StepAppのステーキングはジェネシススニーカーが入ってるシューボックスなどさまざまなエアドロップの特典があります

100FITFIに付き抽選券を1日1枚もらうことができるので、10000FITFIをステーキングすると1日100枚もらうことができます

スナップショットは5月から始まり、全部で6回行われています

現在はすでに7回目が始まっていて8月12日に終了する予定なので、まだステーキングをやってない方は抽選券をゲットしましょう

さらにこれからステーキングしてる人にはローンチパッドにも参加できる資格を与えられるようです

ステーキング方法については後ほど解説します

 

StepAppのココがスゴイ

プロジェクトのアドバイザーが豪華

StepAppのスゴイところは、アドバイザーが豪華でとても優秀なメンバーが協力しています

IDOプロットフォームで有名な「DAOMaker」の共同創設者のハトゥ・シェイク氏をはじめ、

アドバイザーが優秀だからといって、必ず成功するとは言い切れませんが一人一人機密保持契約をしているため、StepAppの出回ってる情報は少なく組織内で徹底しているのがわかります

 

世界的アスリート「ウサイン・ボルト」がアンサバダーに

史上最多となる通算11個の金メダルを獲得した世界的アスリート「ウサイン・ボルト」が公式アンバサダーになりました

Twitterの500万人、Instagramでは1000万人以上のフォロワーを抱えていて莫大な影響力があり、期待で盛り上がっています

ただのPR担当のアンバサダーという立場ではなく、STEPAPPのプロジェクトにガッツリ関わっていくようです

 

独自DEXでFITFIの経済圏を作ろうとしている

StepAppはM2Eアプリだけではなく、独自チェーンのDEXを作っています

簡単に説明すると、DEXとはパンケーキスワップのような取引所です

これの何がスゴイのかと言うと、通常バイナンスチェーンではBNBがガス代で必要ですが、StepApp独自DEXなのでガス代には「FITFI」が必要となります

この独自DEXがあることによって、さまざまな企業の新しいプロジェクトが参入してくる予定となっています

独自DEXを利用するユーザーが増えていくと、FITFIの価格の上昇が見込めますね

 

開発陣が優秀で資金も潤沢

StepAppの運営の事業は元々ゲーム会社のため、開発力がありとても優秀!

またウサインボルトをアンバサダーに迎えるなど、資金もありVCがいないのも特徴です

FITFIの独自チェーンでプロダクトを行う企業に対して、返済不要の最大2,500万円の支援もすると公表しています

支援金も出してくれるので、プロダクトに参加する企業やチームが増えていく可能性が非常に高いです

 

StepAppの始め方

アプリはまだリリースされていないので、FITFIの購入方法から事前登録、ステーキングの方法についてご紹介します

 

FITFIの購入方法

FITFIを購入するには仮想通貨を取り扱っている「国内取引所」と「海外取引所」が必要です

FITFIを購入するには2つの方法があります

  1. CoincheckでBTCを購入して、ByBitに送金後にFITFIを購入
  2. Bybitでクレジットカードを使ってFITFIを購入する

FITFIを購入するにはCMでも馴染みのあるコインチェックと、日本語に対応してる海外取引所のBybitがオススメです

コインチェックがなくてもBybitはクレジットカードが使えるので、国内取引所を使わずにFITFIを購入することができます

まだBybitをない方は下記からすぐに作ることができますので、特典が付く紹介コードをご活用ください

紹介コード:EX77BN

 

事前登録を募集中

まだアプリがリリースされていないため、事前登録だけやっときましょう

登録はメールアドレスのみでOKで、毎日FATポイントが付与されます

FATポイントの使い道はまだありませんが、リリース後にゲーム内トークンの「KCAL」と交換することができるので、今の内に貯めとくのがオススメです

  1. メールアドレスを入力
  2. メールに届いたコードを入力
  3. 画面右側の「Wallet Added」を押して、メタマスクなどのウォレットアドレスに接続

 

ステーキングのやり方

  1. ステーキングページでメタマスクを接続
  2. FITFIをステーキング(100枚につき抽選券1枚ゲット)
  3. スナップ終了時に抽選実施
  4. 当選するとスニーカーなどが入ってるシューボックスがもらえる

より多くのFITFIをステーキングすることによって抽選券が付与されるので、1000枚以上かけるのがおすすめです

ステーキングの解除はいつでもできますが、14日以内だと16%の手数料がかかってしまうので手数料をかけたくない場合は14日後に解除してください

 

StepAppの将来性

2022年8月15日にメインネットがリリースされる予定となっており、現在のトレンドや今後のNFTゲーム市場の成長を考えると将来性は非常に高いと言えます

その理由については以下の通り

  • 2022年はM2Eの年とも呼ばれ今後も拡大していき、ユーザー数が増えていく可能性がある
  • FITFIの独自チェーンでいろんな企業がサービスを展開していくのでFITFIの価格上昇が見込める
  • StepAppはM2Eの1つのプロダクトに過ぎない

これからM2Eアプリや独自チェーンがリリースされるのでとても楽しみです

 

まとめ:もはやM2Eアプリの概念ではない

まとめ

  • 歩いたり走ったり移動することで稼ぐことができる最新のM2Eプロジェクト
  • 2022年8月15日に独自DEXなどのメインネットがリリース(アプリのリリース時期はまだ未定)
  • 今まで仮想通貨に縁がなかった人もクレカで参加することができる

StepAppチームは土台をしっかり作っており、必ず成功させる意気込みを感じます

ガバナンストークン「FITFI」を中心に独自の世界を作っていき、M2Eの覇者になる日もそう遠くないと思います

 

さらにStepAppについて知りたい方は下の記事もぜひどうぞ!

おすすめ記事

© 2022 WAROCOM