WAROCOM

Apple・アプリ・インターネットのガジェット情報メディア

プロが選ぶ!おすすめWi-Fiルーター(無線LAN)を価格別で紹介【戸建て&マンション】

更新日:

おすすめWi-Fiルーター(無線LAN)

スマートフォンやノートパソコンの普及が進み、今はWiFiの無線LAN環境が当たり前な世の中になりました

自宅でWiFi(ワイファイ)を使う場合は別途Wi-Fiルーターが必要となります

ただ「正直どれ買えばいいのかわからない」という方はいらっしゃいます

なぜかというと、私自身がインターネット環境のサポートを7年しており、個人宅に伺う機会が多く、WiFiルーターをしっかり使えてない方やWiFiにしたいけど設定とかよくわからないという方が結構いらっしゃいました

ということで今回は、本当におすすめのWi-Fiルーターと外でも使えるモバイルルーターの人気機種を価格別でわかりやすく紹介していきます

 

おすすめWi-Fiルーター(無線LAN)

とりあえず使いたい人はこちら

I-O DATA G300R3

最大下り速度300Mbまで対応のアイオーデータ製のWi-Fiルーター

3000円以下で購入できて正直コスパ最強です

手のひらサイズのコンパクトで縦でも横でも設置ができます

スマホ専用アプリがあるのでW-iFiの設定や接続がめちゃくちゃ簡単!

  • 3000円以下
  • 300メガまで対応
  • ネットや動画の視聴も楽々
  • 1人暮らし&1LDK向け

 

BUFFALO WSR-300HP/N

最大下り速度300Mbまで対応のバッファロー製のWi-Fiルーター

インターネットで色々調べたり、動画を観るぐらいならこれで十分

インターネットの接続はLANケーブルを繋げるだけで自動でやってくれるので難しい設定が全然ありません

こだわりがなく安価で良ければアイオーデータ

安心したいならバッファローがおすすめです

  • 3000円前後
  • 300メガまで対応
  • ネットや動画の視聴に最適
  • 1人暮らし&1LDK向け

 

少しでも快適にしたい人はこちら

BUFFALO WSR-1166DHP4

最大下り速度866+300Mbまで対応のバッファロー製のWi-Fiルーター

5GHzのac規格に対応してるので、最近のパソコンやiPhoneなどのスマホを使用してる方は安定して速度が出ます

PC不要でスマホからでも設定ができます

  • 5000円前後
  • 866メガまで対応
  • ネットゲームも楽々
  • 1LDK〜2LDKまで対応

 

NEC Aterm WF1200HP2

最大下り速度866+300Mbまで対応のNEC製のWi-Fiルーター

こちらもac規格に対応しています

1万円以内のルーターならこれで決まり!

個人的にバッファローより、NECが安定して速度が出るのでおすすめです

  • 1万円以下
  • 866メガまで対応
  • 重たい作業に最適
  • 1LDK〜3LDKまで対応

 

爆速にしたい人はこちら

NEC Aterm WG1800HP2

最大下り速度1300+450Mb  ギガ対応のNEC製Wi-Fiルーター

これにすると他のルーターが使えなくなるほど性能のクオリティがめちゃくちゃ高いです

ガッツリ動画見る方やオンラインゲームやる方、同時接続(パソコン&スマホ)が5台以上でも爆速でかなり安定しています

今まで紹介した中でこれを1番オススメします

  • 1万円前後
  • 1300メガまで対応
  • au光やNURO光に最適
  • 11acで早くて安定してる
  • 4LDK&戸建3階まで対応

 

NEC Aterm WG2600HP

最大下り速度1733+800Mb  ギガ対応のNEC製Wi-Fiルーター

上で紹介した物よりも速度も価格も上級者向けとなっています

ネトゲや複数のデバイスを使ってる方にオススメです

クオリティや速度を求めるならNEC1択!

  • 2万円前後
  • 1733メガまで対応
  • au光やNURO光に最適
  • 複数台でも安定
  • 4LDK&戸建3階まで対応

 

オンラインゲームをガチでやる方は下記で最適なWi-Fiルーターを紹介しているので参考にしてください

 

モバイルルーターはこちら

据え置きルーターとは別に外に持ち運べるモバイルルーターというのもあります

たくさんの種類があるので、このページでは1番のおすすめを紹介します

 

Broad WiMAX

レビュー評価 4.8

最大下り速度440Mb対応の『Broad WiMAX

月2,726円なのに速度が早く安定しているので、外に持ち運ぶモバイルルーターならこれが1番おすすめです

もちろんモバイルなので工事がなく即日発送となっています

さらに初期費用や端末代が無料になるキャンペーンを実施してます

  • 最大下り速度440メガ
  • 今なら端末代が無料
  • スマートバリュー適用
  • ギガ放題プランがおすすめ
  • 全て込みで2,726円

 

下記リンクで色んなモバイルルーターを比較して紹介していますので参考にしてください

 

WiFiの速度を早くする方法

LANケーブルを交換する

性能が高いWi-Fiルーターを使っているのに全然速度が出ない時があります

その理由は、元のルーターとWi-Fiルーターを繋いでるLANケーブルが問題になってるケースが多いです

LANケーブルにも種類があり、100Mbしか対応してない物から1Gbまで対応してる物があります

100Mbまでしか対応してないLANはカテゴリ5(CAT5)という商品です

これはLANのケーブル部分に小さく記載されている事があるので確認してみて下さい

そして、もしカテゴリ5と記載されてたら、すぐに変えることを推奨します

ちなみに1Gbに対応しているLANは3種類です

  • カテゴリ5e(CAT5e)
  • カテゴリ6(CAT6)
  • カテゴリ7(CAT7)

この3つの違いはもちろんありますが、とりあえずカテゴリ6を使用しとけば大丈夫です

仮にこれに変えたのに速度が出ない場合は、さらに大元にあるONUと呼ばれる装置とルーターに繋げてるLAN配線を見て下さい

基本は、工事の時にカテゴリ5eで接続してくれますが、たまにカテゴリ5を使用してる場合があるので要確認!

 

無線中継機で電波を飛ばす

Wi-Fiの電波が悪い時は、下記の2点を試してみてください

  1. Wi-Fiルーターの場所を変更する
  2. 無線LAN中継機を導入する

ルーターの場所によって電波が公害されている場合があります

一戸建ての2Fや壁で電波が届きにくい場合は、中継機を設置すれば解決されると思います

難しい設定もなく、コンセントに差してボタンを押すだけで出来るようになっています

 

ac対応機種に変える

周波数2.4GHzではなく、5GHzのac対応Wi-Fiルーターを使うだけでも精度が最低1.5倍以上あがるので、acに対応してない機種を使っている場合は上で紹介しているacタイプの物を是非使ってみてください

au光ホームタイプを契約してた私の場合では、40Mbから250Mbまでグッと速度が変わりました

下記リンクでさらに詳細に書いているので参考にしてください

 

Wi-Fiルーターのまとめ

Wi-Fiルーターの接続方法がわからなくて、買うのに不安な部分があると思いますが、いまは元々あるルーターにLANケーブルを繋ぐだけで自動で識別してくれるようになってるのでご安心下さい

電源を入れて、繋いだら数分でWiFiの電波が飛ぶので、SSID(表示名)とパスワードをPCやスマホのデバイスに設定すれば使えるようになっています

気になる点やご質問等があれば、下にあるコメント欄で受け付けています

参考になりましたら、是非シェアよろしくお願いします

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

よく読まれてる記事

-WiFi

Copyright© WAROCOM , 2017 All Rights Reserved.