当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【最新】プロが選ぶ!ハワイ旅行におすすめのeSIMを紹介【TOP3】

ハワイ 3eSIM

ハワイに旅行するときは「ポケットWiFi」を空港でレンタルする必要がありましたが、いまはeSIM対応のスマホがあれば、ポケットWiFiを持ち運ぶ必要がありません

設定もとても簡単で、QRコードをスマホで読み込むだけで使えるようになっています

この記事では、ハワイで利用できるeSIMプランを提供してるサービスを比較して、おすすめのeSIMサービスを3つご紹介します

WARO
海外WiFiがなくてもスマホがあれば、そのままハワイでネットができる!

 

ハワイのネット環境

ハワイは観光地として非常に有名なため、ホノルルなどの主要都市や観光地、ショッピングセンターからローカルのカフェまで無料の公共WiFiが充実しています

しかし、ビーチや山間部、あるいはハワイ島などの離島はWiFi環境は必ずしも整っていないため、観光地から離れたエリアに行く場合はSIMやeSIM、海外ポケットWiFiのレンタルが必要です

今回ご紹介するeSIMはすべて、ハワイで1番大手の「AT&T」

国内でいうと、AT&Tはドコモのような立ち位置の会社となります

テザリングも可能なので、パソコンやタブレットなど複数のデバイスで同時にネットを使うことができます

 

eSIM・SIM・WiFiの違いは?

eSIMとは「Embedded SIM」の略で、従来の物理的なSIMカードに代わる、スマホ内に組み込まれた仮想SIMのことを指します

eSIMはSIMと海外WiFiと比べると、購入と手続きがとても簡単なので、利用者が日に日に増えています

海外WiFiは気軽に使えますが、荷物が増えたり、紛失の心配、WiFiを充電する手間もあるのが難点でレンタル費用も高めです

SIMカードも人気がありますが、設定が必須のため、ある程度詳しくないとそこで手間取る可能性があります

 

ハワイ旅行者にはeSIMがオススメ!

上記の通り、ハワイ旅行するならeSIMの利用がオススメ!

eSIMなら日本で普段使っているスマホをそのままハワイで使うことができて、すべてオンライン上で済むので手間もなく、かなり便利です

また、プランも短期間の旅行から1か月ほどの長期の旅行までさまざま対応していて、豊富なプランが選べるのもポイント!

価格もレンタルWiFiと比べると安価なので、WiFiを借りたり返却する手間もありません

普段、持ち慣れてないポケットWiFiを無くさないように管理するだけでも意外とストレスなんですよね

Webサイトでプランを購入後、すぐにQRコードが送られてくるので、スマホのカメラで読み込むだけで簡単に設定ができるのが特長となります

eSIMは自分のスマホからWiFiを飛ばせる「テザリング対応」で、海外WiFiのように使うこともできます

それではハワイ旅行におすすめのeSIMサービスを3つピックアップして紹介します!

 

ハワイで使える|eSIMサービス3選

ざっくりいうと

  • 格安で使いやすい「Nomad SIM
  • たくさん使うなら「Glocal eSIM
  • 頻繁に行くならアプリ対応の「Airalo

 

1位:格安で使いやすい「Nomad SIM」

Nomad eSIM シンガポール

  • 国内や世界で使えるeSIMサービス
  • プランは2GB/5GB/10GB
  • 契約も解約も返却も全部なし

国内はもちろん、世界100カ国で使える「Nomad SIM

eSIM搭載のスマホ端末で使える、買切り型のeSIMデータサービスです

Nomad SIMのハワイeSIMプランは、3つのデータ容量別プランで、最大30日間使うことができます

人気のプランは「5GB/30日間」と「10GB/30日間」

5~7日間ぐらいのハワイ旅行ならホテルでWiFiを利用すれば、5GBプランで十分かと思います

運営は国内企業なので、日本語でのメールサポートに対応していて安心できます

会員登録もないため、購入から使うまでとても簡単なのもポイント!

レンタルWiFiだと、5日間の使用でも1万円超えてしまう場合がありますが、Nomad SIMのeSIMプランなら半分以下の価格で利用できるので、とてもコスパが良いeSIMサービスです

利用期間 料金(非課税)
2GB / 30日間 2600円
5GB / 30日間 5200円
10GB / 30日間 8900円

warorince
\10%オフのプロモコード/

 

2位:たくさん使うなら「Glocal eSIM」

Glocal eSIM

  • 海外WiFiを手がけるeSIMサービス
  • プランは15日間と30日間の2つ
  • 世界60ヵ国で利用可能

海外WiFiを運営してる60ヵ国対応の「Glocal eSIM

海外のレンタルWiFiなどを手がける会社なので、海外についてのノウハウやサポートが充実してるのが特長です

ハワイで利用できるプランは日数別に2つ「15日間」「30日間」あります

たっぷり100GB使えるので、家族や仕事で利用する際におすすめ!

コスパがよく、サポート体制が整っている大手eSIMサービスです

利用期間 料金(非課税)
15日間 / 100GB 5980円
30日間 / 100GB 9480円

 

3位:アプリなら「Airalo」

Airalo シンガポール

  • ウェブ&アプリで購入できるeSIMサービス
  • プランは1GB/2GB/3GB/5GB/10GB/20GB
  • 世界200ヵ国で利用可能

世界200ヵ国で使える「Airalo

AiralonのハワイeSIMプランはデータ容量別に全部で6つ!

1GBと2GBプラン以外は最大30日間つかうことができます

海外のサービスなので、プラン価格はすべてドル表記となりますが、日本語に対応しています

ウェブサイトだけではなくアプリも対応してるため、海外旅行や海外出張を頻繁にする方におすすめです

利用期間 料金(非課税)
1GB / 15日間 $4.5(約650円)
2GB / 30日間 $8(約1200円)
3GB / 30日間 $11(約1600円)
5GB / 30日間 $16(約2300円)
10GB / 30日間 $26(約3800円)
20GB / 30日間 $42(約6000円)

WARORI4275
\初回
3ドルオフのプロモコード/

 

WARO
ハワイを訪れる際には、この記事で紹介したインターネット事情を参考に快適な滞在をお楽しみください!

 

 

ハワイ向け「eSIM」のよくある質問

ハワイでeSIMを使うために必要なものは何ですか?

eSIM対応のスマートフォンやタブレットが必要です

  主なeSIM対応機種
iOS iPhone15シリーズ
iPhone14シリーズ
iPhone13シリーズ
iPhone12シリーズ
iPhoneSE(第2・3世代)
iPhone11シリーズ
iPhoneXSシリーズ
iPhoneXR
iPad(第7世代~)
iPad mini(第5世代~)
iPad Air(第3世代~)
11インチ iPad pro(第1世代~)
12.9インチ iPad pro(第3世代~)
Android GooglePixel7シリーズ
GooglePixel6シリーズ
GooglePixel5シリーズ
GooglePixel4シリーズ
AQUOS wish/wish2
AQUOS sense7
AQUOS zero6
AQUOS sense6
AQUOS sense4 lite
Xperia 10Ⅲ Lite
Xperia 5 Ⅳ
Xperia 1Ⅳ/1Ⅴ
OPPO A55s 5G
OPPO Find X3 Pro
OPPO Reno9 A
OPPO Reno5 A
OPPO A73
Galaxy S23/S23 Ultra
Galaxy Z Flip4
Galaxy Z Fold4
Galaxy S21/S21+/S21 Ultra 5G
Galaxy Note20/Note20 Ultra
Redmi Note 10T
Redmi Note 11 Pro 5G
HUAWEI P40
HUAWEI P40 Pro5G
HUAWEI Mate 40 Pro
Rakuten 5G Hand

上記以外にもeSIM搭載デバイスなら利用可能なので、もしご不安な場合はこの記事にコメントください

 

ハワイに着いたら、すぐに使えますか?

ハワイに到着後、スマホの設定からデータローミングをオンにすることで使うことができます

 

eSIMを違うデバイスに変更することはできますか?

買切り型のeSIMの場合は基本的にできませんが、eSIM対応のiPhone同士だと簡単に移行することができます

 

eSIMプランの期限が切れた場合はどうすればよいですか?

プランの期限が切れた場合、通信事業者のウェブサイトやアプリで新たなプランを購入し、eSIMプロファイルを更新する必要があります

おすすめ記事

© 2024 WAROCOM