ロリポップの全プランがアップデート!スペックが向上し、価格がさらにお得に

ロリポップ

格安でお馴染みのレンタルサーバー「LOLLIPOP」が、本日2020年8月5日に全てのプランをアップデートしました

アップデートの内容や価格がどう変わったのか、簡潔に紹介していきます

 

ロリポップの全プランがアップデート

今回のアップデートの内容をざっくりまとめると、

  • ストレージが全てHDDからSSDになり、ディスク容量が大幅アップ
  • エコノミー、ライト、スタンダードで独自ドメイン数大幅アップ
  • スタンダード、ハイスピードでDB数が大幅アップ、ハイスピードは無制限に
  • ハイスピードプランの初期費用が無料になり、月額料金が半額に

上記の通り、全体的にスペックがかなり向上しました

全てのプランがHDDからSSDになり、価格が変わらず容量と独自ドメインの数が2倍に改善

中でも、ハイスピードプランの初期費用3,000円が無料になり、月額料金もスタンダードと同じ500円になったのは驚きです

ハイスピードプランのコスパは異常ですね

 

エコノミープラン

  今まで これから
ディスク容量 10GB 20GB
ストレージ HDD SSD
独自ドメイン 20 50

CPUコア数2.6倍↑、CPU処理能力2倍↑、メモリ数12倍↑

 

ライトプラン

  今まで これから
ディスク容量 50GB 100GB
ストレージ HDD SSD
独自ドメイン 50 100

CPUコア数2.6倍↑、CPU処理能力2倍↑、メモリ数12倍↑

 

スタンダードプラン

  今まで これから
ディスク容量 120GB 150GB
ストレージ HDD SSD
独自ドメイン 100 200
MySQL 30 50

CPUコア数2.6倍↑、CPU処理能力2倍↑、メモリ数12倍↑

 

ハイスピードプラン

  今まで これから
ディスク容量 200GB 250GB
MySQL 70 無制限
初期費用 3,000 0円
月額料金 1,000円〜 500円〜

CPUコア数1.5倍↑、CPU処理能力1.25倍↑、メモリ数1.5倍↑

 

エンタープライズプラン

  今まで これから
ディスク容量 400GB 1TB
転送量 100GB 400GB
サブドメイン 500 無制限
MySQL 100 無制限

CPUコア数1.8倍↑、CPU処理能力1.8倍↑、メモリ数3倍↑

 

まとめ

ハイスピードプランの初期費用3000円が無料になったので、低コストで導入しやすくなり、月額料金500円になったのはかなり魅力的です

今はレンタルサーバーの種類がたくさんあるので、これからブログやアフィリエイトをやる方にとって選択肢の1つとして、ロリポップはありだと思います

個人でやる分には、エコノミーやライトプランで十分ですが、ガッツリ事業でやったり、ブログを複数運営する場合は、大容量かつ低価格のハイスピードプランがおすすめです

おすすめ記事

© 2020 WAROCOM