iPhoneのホーム画面をオシャレする方法|10分でこだわりのホーム画面に。

iOS 14以降、好みのアイコンや壁紙はもちろん、ウィジェットも配置することができ、iPhoneのホーム画面をカスタマイズできるようになりました

変えるのにむずかしいイメージがありますが、10分さえあれば誰でも上の画像のように変更することができます

毎日みるスマホをちょっとでも変えるだけで、新鮮な気持ちになります

 

アプリアイコン画像を変更する手順

iPhoneのアプリアイコンの画像を変えるには、最初からインストールされている「ショートカットアプリ」を使います

変更したい画像はあらかじめ用意する必要があります

本記事では、Nomad iConのMinimal Black×Whiteで設定します

プロファイルで変更する方法もありますが、非公式でサポート対象外なので、今回はショートカットを使用した方法を解説していきます

変更する手順は以下の通り

  1. ショートカットアプリを起動
  2. 新規ショートカットを作成
  3. "アクションを追加"を選択
  4. "Appを開く"を選択
  5. アプリを指定
  6. ホーム画面に追加
  7. アイコンを好みの画像に変更
  8. アイコン名を入力して完了

1つ変えるのに30秒から遅くても1分半ぐらいで変更することができます

 

ショートカットのアプリを起動します

 

右上の「+」をタップ

 

新規ショートカットで「アクションを追加」を選択します

 

検索欄に「appを」と入力し「Appを開く」を選択します

 

「選択を開く」をタップします

 

設定するアプリを選択します

 

アプリ選択後、右上の「•••」をタップ

 

「ホーム画面に追加」を選択します

 

アイコン画像をタップして、好きな画像を選びます

 

アイコン名は元アプリの名前にする必要はなく、自由にカスタマイズすることが可能です

英語で入力したり、入力せずにすっきり見せるのもオススメです

これを繰り返します

 

最後に「追加」をタップしたら、設定したアイコンがホーム画面にあります

 

動画でも解説しています

 

ウィジェットアプリで時計やスケジュールを追加する方法

使用するのは無料アプリの「Widgetsmith

本記事の最後にリンクがあるので、ない場合はインストールしてください

 

Widgetsmithを起動します

さまざまんウィジェットがあるので、好みの設定にしてください

今回は、時計とスケジュールをMEDIUMで設定します

 

ウィジェットを設定後、ホーム画面を長押しして左上の「+」をタップ

Widgetsmithを選択します

 

設定したウィジェットを選び、設置して完了です

 

今までのアプリを隠す方法

ホーム画面を統一させることによって、さらに世界観が確立されますので、設定した元アイコンは、全てAppライブラリに移動させるのがオススメです

 

ホーム画面の何もないところを長押しして、ホーム画面編集モードにします

元のアイコンの左上「ー」ボタンをタップして、「ホーム画面から取り除く」をタップします

 

ホーム画面から消えて、Appライブラリに格納されます

新しいアイコンを作成しても、元のアプリを削除せずにAppライブラリに残してください

元に戻すときはAppライブラリから該当のアプリを選択して

「ホーム画面に追加」でホーム画面に戻ります

 

地道な作業ですが慣れてしまえば、1ページ大体10分ほどでホーム画面をカスタマイズすることが可能です

シンプルにミニマムにしてもよし、こだわってじっくりかけてもよし、自由気ままにiPhoneを着せ替えしよう!

 

使用したアイコン画像&壁紙

Nomad iCon
Minimal Black × White

公式サイト

 

必要なアプリ

ショートカット

ショートカット

Apple無料posted withアプリーチ

Widgetsmith

Widgetsmith

Cross Forward Consulting, LLC無料posted withアプリーチ

おすすめ記事

© 2021 WAROCOM