読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WAROCOM

Apple製品を中心にアプリ・Web・ネット・ガジェット・クレジットカードを紹介しています

【CATV】ケーブルテレビとは?メリット・デメリットを紹介

インターネット インターネット-CATV

スポンサーリンク

f:id:warorince:20170213194146j:plain

まいど!

今回はケーブルテレビについて書いていきます

みなさん、ケーブルテレビと聞いて、何を思い浮かべますか? 
 
テレビ会社?有料放送?興味ない?

 

うん
まぁケーブルテレビって書いてあるしね
 
 
実際ほとんどの人は
 
名前は知ってるけど、イマイチわからない」
 
ってのが本音だと思います
 
ということで、私が簡単かつ優しく書いていきます
 

ケーブルテレビとは

家庭にあるテレビはアンテナから電波を受信して地上波放送をみていますよね
 
ただ、電波が受信しにくい地域、近くに高層ビルなどが建ってしまい、電波が不安定になり、映りにくくなってしまうケースがある
 
そういう所に対して、直接ケーブル(有線)を建物に繋げて、比較的安定して受信出来るようにしてくれるのがケーブルテレビ会社です
 
他にも地域のローカルチャンネル、BS(衛星放送)、CS(有料放送)、インターネット、プロバイダ、電話サービスなども利用できる
 
内容は各地域のケーブルテレビ会社によって違ってくるので近くのケーブルテレビに問い合わせすればわかります 
 

ケーブルテレビのメリット

「じゃあ、電波を受信できてる所は必要ないってこと?」
 
こんな質問をされたことがあります
 
ただ、ちょっとまってほしい!
 
もちろんそのままでも全然問題はないが、ケーブルテレビにするメリットは十分にある
 
ケーブルテレビを使うメリットは以下の3点
 
  1. 有線なので天候によって受信の強度があまり左右されず、アンテナより比較的安定して視聴出来る
  2. 地上波だけではなく、BSやCS等も利用できるので映画やアニメ、スポーツなどの専門的なチャンネルが見れる
  3. 地方でも東京の放送局の番組が見れる
 
こんな感じ
もちろん費用はかかるが、それ相応の価値があります
 
例えば、ここ最近地上波では野球中継があまり放送されないですよね?
ケーブルテレビに加入すれば、ほとんどの野球中継が見れるようになっています
 
ほぼ全試合!
 
 
どう?
野球好きの人はちょっと気になってきたでしょう?
 
さらにオリンピックなど、地上波で放送してるよりも内容が濃いです
 
 

集合住宅によくある「CATV可」の記載

部屋を借りる際に不動産で部屋の間取り図はみますよね?
 
その間取り図の備考欄に「CATV可」などの記載がたまにあると思います
 
大体集合住宅などは安心してテレビが見れるように、大家さんや管理会社がケーブルテレビを導入しているってことになります
 
そこで確認しといたほうがいいのが以下の3点
 
  1. CATVは地上波だけ?
  2. BS・CSも見れるの?
  3. インターネットも使えるの?
 
ってことです
 
これについては地上波は確実にケーブルテレビ経由で間違いはありません
 
BS・CSに関しては白くて丸いパラボラアンテナを建物共有で受信してるか
or
ケーブルテレビのチューナー(STB)をレンタルすれば見れるようになるか
 
このどちらかだと思う
 
 
まぁ結局は大家さんや管理会社の契約内容によります!
 
例えば、入居者は無料でBS・CSが見れたり、インターネットも無料で使用できる建物もある!
 
無料で利用できるのに他社で有料で契約したらもったいないよね?
 
だから事前に確認したほうが得するってこと!
 
でもね...
ふっる〜い個人経営の不動産屋とかで、いまいち理解してない人もいるんすよ
 
そんな時は建物を担当してるケーブルテレビの営業マンに1回話し聞いてみるのもいいかもね
 

最後に

こんな感じ!

次回はケーブルテレビのインターネットについて書いていきます!

インターネットはこちら▼

 

ちなみにスカパーの方が安くてコスパいいので下記を参考にしてください

Copyright© WAROCOM All Rights Reserved.