Nomad SIMとは?次世代データ専用SIMカードを中の人が徹底解説!

更新日:

Nomad SIM

最大300GBまで使える国内向けデータ専用SIMサービス「Nomad SIM」を2019年7月1日にリリースしました

長年の夢だった仕事の1つだったので、この仕事がすることができてめちゃくちゃうれしいです

自分でいうのもあれですが、今の時代にあった魅力的なサービスかなと思うので、ぜひみてやってください...!

ということで、運営者が教える「Nomad SIM」の特徴からメリット&デメリットについて、包み隠さず正直にご紹介します

 

国内向けデータ専用「Nomad SIM」について

ノマドSIM

Nomad SIMとは、全国で使える大容量の次世代データ専用SIMサービスです

SIMカードは高速回線の「Hybrid 4G LTE」ですので、通信速度はダウンロード最大速度187.5Mbps、 アップロード最大速度37.5Mbpsまで対応しています

初期費用は契約時にかかる3,000円(税別)、月額料金は3,600円(税別)または4,600円(税別)契約することが可能です

Nomad SIMを利用できる端末は、基本的にSIMフリーのiPhoneやAndroid、モバイルWiFiやタブレットなど、SIMカードを挿せる端末で使うことができます

さらに契約期間の縛りがないため、最短1ヶ月から利用可能でいつ解約しても違約金が発生しないのが特徴です

最大月間データ容量300GBまで使えるので、仕事やプライベートでたくさんインターネットを使う人におすすめのサービスとなります

 

プラン・初期費用・月額料金

  Basic Plan Pro Plan
初期費用 3,000円(税別)
月額料金 3,600円(税別) 4,800円(税別)
データ容量/月 100GB 300GB

プランはベーシックプラン、プロプランの2種類から選べ、それぞれデータ容量がことなります

ベーシックは月100GB、プロは月300GBまで速度制限が一切かからず使うことができます

それ以上使うと、ベーシックは100〜200GBの間、プロは300〜400GBの間で通信制限がかかり、速度が128kbpsになります

これはキャリアの判断によるので、運がよければ100GB以上使うこともできるし、運が悪ければ100GBピッタリで制限がかかる場合もあります

  • 初月:事務手数料と初月利用料
  • 2ヶ月目以降:月額料金のみ

 

対応デバイス

iPhone
iPad
Androidスマホ
Androidタブレット
モバイルルーター
ノートパソコン

SIMフリーの端末であれば、基本的に対応していますが全てではないので、お使いのメーカーにご確認ください

 

Nomad SIMの活用方法

デュアルSIM対応のスマホで使う

音声通話ができないので、デュアルSIM対応のスマホで使うのがおすすめです

片方は音声通話があるデータ容量が少ない格安SIMで、もう片方はデータ専用のNomad SIMにするという使い方が理想的です

もちろんデュアルSIMじゃないiPhoneなどのスマホでも使えます

 

モバイルルーターを購入して使う

SIMフリーのモバイルWiFiで使うことができます

Amazonなどから購入できるため、参考にしてください

 

iPadなどタブレットで使う

SIMフリーのCellularモデルのiPadやAndroidのタブレットで使うことができます

 

SIMカード対応のノートパソコンで使う

VAIOやレノボ、パナソニックなどSIMカードが入るノートパソコンで使うことができます

WiFiに接続しなくてもノートパソコン1つでどこでもインターネットすることが可能ですので、Nomad SIMと組み合わせることで、Nomad PCになります

 

Nomad SIMのメリット

通信制限にならず、最大300GBまで使える

Nomad SIMは3日間10GB制限がなく、ベーシック/100GB、プロ/300GBまで通信制限にならず使うことが可能です

実際に私もYouTubeやHuluで動画を観たり、ネットサーフィンをしたりたくさん使っていますが、なかなか100GB使うのは大変です

でも100GB以上使うこともあるので、今回プロプランも導入しました

 

契約期間の縛りがなく、気軽に契約できる

Nomad SIMは2年や3年など長期契約ではなく、最短1ヶ月から利用可能です

解約金もかからないため、気軽に使うことが可能

「格安SIMを使ってみたいけど、なんかこわい・・・」という方でも安心かなと思います

 

対応エリアが広く、屋内でも屋外でも快適な通信速度

回線は「Hybrid 4G LTE」ですので、通信品質が比較的安定しています

さらに対応エリアが広いため、都心でも田舎、島でも使うことができます

ソフトバンクのスマホが使えてたら、Nomad SIMも使えるということです

 

Nomad SIMのデメリット

テザリングは動作保証・サポート対象外

Nomad SIMの公式サイトでは、基本的にスマホやタブレットにNomad SIMを挿入して利用する場合のテザリングは推奨はしていません

ただし以下の端末でテザリングができたので、参考にしてください

  • SIMフリーAndroidスマートフォン
  • ドコモ、auのSIMロック解除済みスマートフォン

SIMフリーAndroidスマホでは基本的に使うことができましたが、iPhoneとソフトバンクのAndroidスマートフォンでは使うことができません

どちらもテザリングを有料で提供してるのが原因ですのでお気をつけください

 

お支払いはクレジットカードのみ

Nomad SIMは毎月の月額料金のお支払いはクレジットカードのみで口座振替には対応していません

クレカの種類はVISA・mastercard・アメリカンエクスプレス・JCB・ダイナースに対応済みです

 

Nomad SIMのレビュー記事

Nomad SIMの口コミ・評判をレビュー!申し込み方法や設定方法も解説します

100GB/300GBまで制限なしのNomad SIMがすごい

Nomad SIM使用レビュー!おすすめのモバイルルーターも紹介。

Nomad SIMの口コミや評判どう?メリット・デメリットを徹底調査

Nomad SIM(ノマドシム)を新幹線でスピードテストしてみた!

格安SIM「Noamd SIM」は縛りなしで大容量の格安SIM!評判やメリット・デメリットを紹介

 

まとめ

  • 最大300GBまで使えるデータ専用SIMカード
  • シンプルな2つのプランで月額3,600円から利用可能
  • 超高速4G LTEで通信品質が比較的安定してる
  • 契約期間の縛りがなくいつでも解約できる

ざっくりですが、Nomad SIMの活用方法からメリット&デメリットについてご紹介しました

まだまだ至らない点がたくさんありますが、みなさんの意見を参考にして、最高なサービスにしていきます

おすすめ記事

Copyright© WAROCOM , 2019 All Rights Reserved.