読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WAROCOM

Apple製品を中心にアプリ・Web・ネット・ガジェットを紹介しています

IT営業歴7年の自分が楽しくテレアポする方法を書いていく


スポンサーリンク

まいど!ワロリンスだす

 
テレアポってキッツイですよね
自分も法人や個人宅にテレアポしていました
いや、今もしているんだけども
 
今はそんなに件数はかけたりはしませんが、前職では1日300件とか余裕でやってました
ただ、普通にかけていても正直飽きるし、モチベーションを保つ事は至難の技!
 
なので、今回は自分が行ってきた"飽きずに楽しくテレアポする方法"について書いていきます

 

楽しくテレアポ♪

機械にはならない
機械のように話したらダメです
なんの面白みもないので、絶対にダメです
 
 
役者になる
もうこれは基本ですね
ずっと同じ自分でテレアポしてもつまんない!
なので、役者になりきりましょう
テレアポなのに色んな自分になれるのでオススメです
 
 
割り切る
やはり断られる事が圧倒的に多いので、それを引きずらないで仕方ないと思って忘れましょう
一回一回かける時に今日初めてのテレアポと思い込むだけで気が楽になります
 
 
自分ではない
相手がガチャ切りや断わるのはあなただからではなく、営業を断っているだけなので安心してください。決してあなたの事が嫌いなわけではないです
 
 
お客さんのフリをする
かける時に業種にもよりますが、お客さんのフリをしてかけます
そうするとめちゃくちゃ丁寧に対応してくるのでなんかいい気持ちになれます
頃合いを見計らって、そのままアポに転回できそうならやってみてください
相手はお客さんだと思ってしまっているのでガチャ切りはされないです
 
 
タメ口で話す
もちろんいきなりタメ口で話したら、戦争になる事間違いないので、少しずつタメ口を入れていきましょう
例えば「はい。ありがとうございます!あーそうなんですね。なるほど。そうなんだ」みたいな感じ
相手もあれ?って最初は確実に思うけど、そこで引いたら負けです。気にしないでどんどんタメ口を入れていくと、最終的には友達みたいになれるのでオススメです
 
 
 
村長になる
これは役者の応用編になります
普通は「⚪︎⚪︎株式会社の⚪︎⚪︎です」みたいな感じで言いますよね
これは一旦忘れて、とりあえずおじいちゃんになって下さい
そして、おじいちゃんっぽく「どうも..村長です」とかけて下さい。ものすごく優しい対応をしてくれるのでかなりオススメです
 
 

最後に

こんな感じ
 
どうでしたか?
テレアポというのは相手の顔が見えないので誰なのか何を考えているか全くわかりません
なので、ガードが物凄く硬い!
 
と、よく言われていますが、それはただの自分の思い込みです。そんなの気にしてちゃーテレアポなんて出来ん!大事なのはまず一歩!
 
今日から実施してみてください
もし何かあっても怒られるだけなので大丈夫です
 
もし、自分に営業のテレアポがかかってきたらある程度、話は聞きます。断わる自信がありますからね
いきなり断る人は話を聞いちゃうと断れない人が多いのでそれは覚えておいてください
 
はい。まぁ仕事なんでふざけないように! 
 
※はてぶのコメント欄にやめてくださいとありますが、もちろんテレアポなんてしたくありません
が、仕事なんで無理です
 
電話嫌いな人ほど成功するテレアポ・電話営業バイブル すぐに結果がでる!

電話嫌いな人ほど成功するテレアポ・電話営業バイブル すぐに結果がでる!

 
こちらもどうぞ

Copyright© WAROCOM All Rights Reserved.